フィトセラミドとは何ですか?それらは実際に機能しますか?
フィトセラミドは植物由来のセラミドと同等のもので、お肌に潤いを与え、ふくよかに保ちます。植物性殺虫剤のサプリメントは、主に小麦から得られます。実際、セラミドは多くの食品、特に小麦胚芽に天然に含まれています。セラミドを含むスフィンゴ脂質は、乳製品、卵および大豆に大量に含まれています。だからあなたは食品からセラミドを得ることができ、本当にサプリメントを飲む必要はありません。しかし、もしあなたがそうしたら、彼らは良い反怒りだろうか?

私が言うことができる限り、これは証明されていません。フィトセラミドカプセルの皮膚への影響に関する独自の研究はありませんでした。何時間もイライラした後、私はフィトセラミドカプセルと乾燥肌の「知覚された」改善についての研究を最終的に見つけました- それはHitex、小麦と他の植物から抽出物を作る会社によって行われました。ウェブを通じて、日本の研究への様々な言及がありますが、それらは確かにセラミドの重要性を示しています – セラミドの欠乏は乾燥肌(情報源)をもたらします – 彼らはフィトセラミドサプリメントについて言及しませんでした

だから私はお金の無駄になる可能性が高いとして今のところサプリメントを渡します。しかし、より一般的なセラミドについてはどうですか?

セラミドは若い肌に不可欠ですか?
セラミドは人間の肌の天然成分です。セラミドの種類は異なり(便利に番号が付けられている、すなわちセラミド3)、6種類が一般的に皮膚に見られます。表皮の4つの層すべてにセラミドが含まれており、それらは感染を減らし、皮膚の水分を保つのを助けるバリアを作ることによって重要な役割を果たします。セラミドの量を減らすと、乾燥肌、皮膚炎、またはしわが発生することがあります。

何年もの間、セラミドは単に皮膚の上層を含む全ての細胞膜の脂質二重層に対する構造成分として考えられていました。興味深いことに、最近の研究では、メッセージが体の他の部分にメッセージを送信するシグナル伝達分子としても機能することが明らかになっています。彼らが行う「シグナル」は、細胞を死滅させるようにプログラムした背教です。これがセラミドを癌患者の治療におけるその役割に関する数多くの研究の主題としている。

セラミドの局所適用は成功するでしょうか?
さて、セラミド化粧水はどうですか?ありがたいことに、これに関する研究があります。日本の研究では、8人のまぶたには、その結果を4週間セラミドゲルで処理した「まぶたの皮膚の水分量が大幅に治療後に増加した。」フランス語もあります研究では、「他の皮膚の脂質」とその局所セラミドを示し、皮膚バリアー修復の改善 セラミドゲルもれた図示スフィンゴ局所適用した乳酸菌から(上述したように、セラミドから構成されている)および(老化に対する皮膚の抵抗性を増加し、皮膚炎を軽減するためにソース)。

この時点で、フィトスフィンゴシンはリン脂質(強力な水分保持剤)であり、脂質ファミリーの一部であることを言及する価値があります。これらの脂肪(別名活性脂質、遊離スフィンゴイド、遊離遊離スフィンゴイド塩基)はセラミドの分解によって形成され、角質層に高レベルで存在します。だから、セラミドとスキンケアのために狩猟するときは、またリン脂質、スフィンゴ脂質とフィトスフィンゴシンを探します。

セラミドは何年もの間エリザベスアーデン製品の主力であり続けてきました、しかし私は高値デパートブランドよりももっとやりたいと思いました。真実を探るAging archivesで、私はセラミド(および他のたくさんのよい反老化の原料)を特色にする多数のプロダクトを明らかにした